教育は、一人のために生まれる。

TOPS京都

TOPS京都の想い

生きる力をつける。
それが勉強のあるべき姿です。
情報を覚えることではない。頭だけで考えない。
こころも、からだも全部使って考える。TOPS京都は、そう思うのです。
なぜ、この問題は出題されたのか。その意図に、自分はどう思ったのか。
どこに疑問を持ったのか。その答えは本当に正しいのか。
納得するまでとことん考え、腑に落ちた瞬間にやってくる好奇心や探究心。
そんな繊細な感受性と熱い人間のからだから生まれる「考える力」を
私たちは大きく育てます。なぜならそれは、かならず君の生きていく力になるから。

いまは、受験という大きな目標で、先が想像できないかもしれない。
でも、考えてみてください。学生時代に培った考える力が、社会に出て、
その先の人生のために使える「一生もの」の力になれば、
こんなにいいことはないと思いませんか。

判断する力。創造する力。あきらめない力。伝える力。
それは、TOPS京都だからこそ鍛えることができる「生きぬく力」。
その力はやがて、人を救う力になれると私たちは信じています。
自ら道を切り開き、ただひたすら自分の足で歩みを進める。
そのために、君の人生を君らしく導くことができるコンパスを、
TOPS京都で手に入れてください。

教育は、一人のために生まれる。

TOPS京都

シンボルマークについて

「個室に置かれた一脚の椅子」
このシンボルマークは、空間に置かれた一脚の椅子を表しています。中央の赤い菱形が座面を表し、白い線が椅子を形づくり、バックの黒い部分は、個室の空間を意味しています。椅子は長い時間体重をゆだねる、実は教育にとってとても大切なもの。「教育は、一人のために生まれる」というTOPS京都の精神を象徴しているのです。

VISION

人間に、いちばん必要な人間を育てたい。

人を幸せにするために、人は学んでいる。その心根から、TOPS京都は生まれています。私たちは志望校に合格すること、人に勝つことをゴールとしていません。豊かな知識をもち、人々から頼られ愛され、明日の日本をつくる中心になる人です。同じ時代を生きる人々の役に立つ。そのために、教育は不可欠です。知識がないということは、悲しいことに、人を助けることもできないくらい無力。講師たちが惜しみなく指導するのはそのためです。日本の礎になる人を一人でも多く輩出し、世界に、そして次世代に向けて新しい種をまいてほしい。その先には、人を幸せにする幸せがあると、私たちは信じています。

MISSION

顔と顔を合わせる授業に、価値がある。

「一人で勉強ができない」「苦手なことは、後回しにしてしまう」「わからないところが、わからない」TOPS京都にまかせてください。私たちが少人数の対面授業にこだわる理由は、一人ひとりが抱える葛藤に誰よりも早く気づきたいから。そして君が目をそらし続けた弱点を救い出し、真っ向から向き合わせる。それは勉強法だけでなく、生活環境まで見直すきっかけになります。問題の解き方だけでなく、姿勢の正し方も一緒に考えたい。それは、顔と顔を合わせる授業だからできる。そう信じています。

VALUE

教育とは、教えるだけではなく、育むこと。

頭に、膨大な知識をシャワーのごとく注ぎこむ。私たちは、そんな一方的な教え方がいいとは思いません。君が知識を確実に自分の力にするまで、見守り育む必要があります。つまり、知識を受け取る「器」まで育てることが大切。器が割れていたら補修する。歪んでいたら整える。いろんな形の器に、誰よりも長い時間そばに寄り添い、大きく育てていきたい。それが、私塾の在り方だと考えます。

君より、君にくわしくなる。

育む。そのために、2つのオーダーメイドがあります。一つ目のオーダーメイドは、カリキュラム。知識を理解できる量、ペース、潜在能力、集中力、目標やいまの学力、さらに、本気を出していまの学力なのか、そうではないのか。どこで悩み、どこで筆が止まるのか。授業で理解できているか、自主的に復習できるか、そして本番で力を出し切れるか。細かく段階に分けて、とことん君にくわしくなろうと思う。定型パターンに一人ひとりを当てはめていく、そんな安易な勉強方法は意味がありません。偏差値や点数ではわからない、君の表情や言葉を逃さず読み取り、分析したうえでベストな勉強方法を設計します。

君は、生徒のプロだと考える。

2つ目のオーダーメイドは、接し方。君は、学校や塾であらゆる教育を受けてきたと思う。先生やカリキュラム、模試や、面談。自分に合うか合わないか、好きか嫌いか、信頼できるかできないか、敏感に見抜くことができる。合わないことが原因で、成績が上がらなかった人もいるかもしれません。もったいない。そんなつまずきをなくしたい。だから私たちは、性格や置かれている状況を把握して、繊細に応えたい。ほめると伸びるのか、競わせたほうがいいのか。模試の結果が悪ければ、厳しい言葉をかけるのか、励ますのか。何に焦り、目をそむけ続けているのか。やみくもに教えるのではなく、内面までサポートし、強い精神力が伴って初めて実力もついてくる。本番のその日まで君の「研究」を重ね、やる気の着火点を見つけたい。