合格者の声

圧倒的な双ケ丘の合格力!Topsで学んで、見事合格を果たしたOB/OGの声です。

合格者の声

あらゆるレベルに対応できる個人授業が良かった

現役のとき、医学部ではない学部に合格し、一応大学生になろうと思えばなれたのですが、やはり医師になるという目標をあきらめきれず、浪人することにしました。得意科目と苦手科目がはっきりしていたこともあり、大手の予備校ではなく、各科目を自分のレベルに合わせてもらえる個別指導で勉強したいと考えていました。そんなとき知ったのがTops医専だったのですが、自分が考えていたのに限りなく近い指導形態でした。得意だった英語や理系科目は程度の高いレベルから指導を始めてもらい、初めて学習する生物はゼロからのスタートでした。そして最も苦手だった国語も随分伸ばすことができました。僕の力を把握して、どの科目でも最適の指導をしてもらった結果だと思います。ありがとうございました。

1対1の個人授業で念願の医学部合格!

僕がTopsでよかったと感じていることは個人授業です。特に、自分のよくないところを徹底して矯正してもらったことがすごく印象に残っています。例えば数学や物理では、基礎知識をおろそかにしていたことをまず指摘され、その後ずっと基礎の反復を続けました。このような指導がなければ、単に入試過去問を解くだけの勉強になっていたかもしれません。あるいは、英語では文法の知識はある程度あったのですが、文章を「何となく・雰囲気」で読んでしまうところがあり、そこを繰り返し注意されました。また、自習課題を含めて、勉強のペースを作ってもらったことも良かったと思います。また、化学や他の科目も時期によっては集団授業にも参加し、集団ならではの緊張感を味わうことでメリハリをつけることができたと思います。集団授業で知り合った友人がいたことも僕にとっては心の支えになりました。山あり谷ありの浪人生活でしたが、何とか結果を出すことができて、自分にとって大きな自信になりましたし、今は充実した毎日を過ごすことができています。1年間の浪人生活を支えて下さったTopsの先生方、本当にありがとうございました。

とことん僕のことを見てくれました

もともと不器用な性格で、浪人1年目に通っていた予備校の授業では、「そもそも何が分からないのかが分からない。」「かろうじて分かったつもりになっていたことも、試験になると使えない。」ということばかりでした。そこで2年目は環境を変えて、Topsの完全一対一個人授業に全てを任せました。授業は毎日が真剣勝負で、僕の癖や考え方、足りていない部分を一つ一つ先生に指摘され、授業をするたびに課題が明らかになっていきました。今、僕がTopsの先生方に一番感謝していることは、「とことん僕のことを見てくれた」ということです。授業中は僕のことをずっと見ていて、僕が腑に落ちない顔をしていると何度でも繰り返し説明をしてくれました。問題を解いているときも、僕のペンがとまった場所を見て、考え方の問題点を教えてくれました。科目間の連携を先生方がとってくれたおかげで、総合的に力を伸ばすことができ、また、模試の結果を分析して、復習の仕方をチェックして、日々の生活スケジュールや体調を考慮しながら宿題を出してくれました。念願の「医学部合格」という夢を叶えることができたのは、本当にTopsの先生方のおかげです。心から感謝しています。ありがとうございました。

早い時期から医学部対策して合格

志望校合格のため僕が一番大事だったと今思うことは、早い段階から目標を意識した勉強ができたことだと思います。僕は中学3年生になるくらいのときに「医者になりたい」と漠然と意識し始めたのですが三者面談でそのことを話すとすぐに「京大・医学部コース」で本格的な受験勉強をするよう勧められました。今から思うと中学から受験につながるような勉強を始めたことはすごく有利だったと思います。また先生方は各科目の専門知識と受験の実践的知識を持っておられて、単に知識や受験のテクニックを学ぶだけでなく、しっかりとした思考力が身に付いたと思います。いくらでも質問ができる雰囲気があったのもよかったと思います。今はTopsを見つけてきてくれた両親に感謝しています。

文系から1年で医学部合格

私はもともと文系で、高校では化学などの理系科目は、ほとんど勉強したことがなかったです。その状況で、医大の入試に向かって勉強することになり、Topsの個人授業を受講して、わずか1年間足らずで第一志望の関西医科大学に合格することができました。受験に努力は必要ですが、素晴らしい先生方に出会うことも必要だと思います。Topsの先生方を信じて頑張ればきっと行きたい大学に合格できます。自分以上に周りの友人や家族のみんなが喜んでくれて今は幸せでいっぱいです。

努力できる環境がありました

ずっと医者になりたいという希望を持っていて、その夢をかなえるためTopsに中学から通っていました。わたしは決して器用な方じゃないと思うし、天才的な能力があるわけでもありません。今回念願だった国公立大学の医学部に合格できたのは勉強を継続したからだと思います。そしてTopsにはわたしが努力できる環境がありました。分かりやすい授業、熱い先生、そしていっしょに頑張れる友人がいました。わたしは前期試験で不合格になって、後期はもう受けないでおこうか、すごく悩んだとき,声をかけ、励ましてくれ、最後まで質問を聞いてくれる先生がいて、いっしょに「後期試験まで頑張ろう!」と励ましあえる仲間がいたからこそ後期試験で合格することができたのだと思います。そういうTopsの授業や教科書以外の「人」がわたしにとっては大切な部分でした。Topsで過ごした時間はわたしの大切な時間です。

「絶対に合格させる」という先生方の熱意

私は大手予備校に通い続けていましたが、思うように成果が出ず、医学部進学を諦めかけていました。しかし、このTopsに出会ってから、私の世界が変わりました。Topsが他の予備校と比べてすばらしい点は、3つあると思います。1つ目は、先生方の質です。豊富な知識を持っているだけでなく、物事に対する考え方がすばらしく、それを1から丁寧に教えてくださるので、物事に対する視野が広がりました。2つ目は、先生方による連携です。私を担当している先生方が、科目のバランスを考えながら、私を合格まで導いてくれました。3つ目は、「絶対に合格させる!」という熱意です。生徒のために肉体的にも精神的にもここまで費やしてくれる先生は、他にいないと断言できます。これらの要素を持っているTopsだからこそ、私は帝京大学医学部に合格することができました。志村学園長ならびにTopsの先生方にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。

自信を持って臨んだ入試本番

私は高校在学中からTopsに通っていました。現役生の時は薬学部に合格することができたのですが、医師になる夢を諦めきれず、もう一年間、浪人生として頑張ることを決めました。大手予備校も選択肢にあったのですが、総合大学と違い私立の医学部はそれぞれに特色があったので、その対策を万全にしてくれるTops医専に続けて通うことにしました。一番良かったのは、過去問対策だけではなく、普段の授業内容も私の志望校に合わせた内容にしてくれたことです。また、浪人生として毎日授業を受けるようになると、それまで得意科目だと思っていた教科も穴だらけだと気付きました。そのせいで、何度も何度も心が折れそうになりましたが、それでも何とか乗り越えることができたのは、厳しくも優しいTopsの先生方のおかげです。最後は、『ここまでやったんだから合格できる!』と強い自信を持って本番に臨むことが出来ました。Topsの先生方、たくさんご迷惑をおかけしましたが、本当にありがとうございました。

苦手科目を克服して現役合格。帝京大学 2011年度現役合格

R・T さん 出身校:高槻高校出身

正直言って、現役で私立大医学部に合格できるとは思ってもいませんでした。理由は英語が苦手だったからです。理系科目は得意な方でしたが、とにかく英語ができませんでした。もともと英語が好きではなかったせいもあると思うのですが、単語や文法事項が覚えられず、模試の成績もずっと偏差値50前後でした。
しかし高3になってから英語をPerfect Education(完全1対1個人授業)に切り替え、暗記のやり方や勉強の工夫、時間の使い方に至るまで様々なアドバイスをもらい、少しずつ英語の力がついていきました。
最終的には私立医学部の英語で何とか平均的な点数を取れるところまで力がつき、目標だった医学部合格を勝ち取ることができました。親身になって厳しく指導してくださった志村学園長、レベルの高い講師の先生方に心から感謝しています。本当にありがとうございました。

折れそうな心を何度も励ましてくれた。東海大学 2011度合格

R・S さん 出身校:同志社大学卒

私は一度医学部への進学をあきらめ、同志社大学文学部に進学しました。
しかし、「医者になりたい」という気持ちが消えることはなく、「このままでは一生後悔するかもしれない」と思い、4回生のときに医学部を受験し直す決意を固めました。でも数学や理科は勉強しなくなってから随分時間がたっていたので、自分でやり直す自信は全くありませんでした。
そこで知ったのがTopsのPerfect Educationでした。1対1の授業で緊迫感があり、基礎から受験レベルまで対応してくれるので、ゼロから勉強を始めて2年間で結果を出さないといけない私にはぴったりのシステムでした。先生方は勉強だけでなく、私の心が折れそうになる度に叱咤激励をして下さり、精神面でも随分支えて頂きました。
晴れて東海大学医学部に合格できた今、私は自分の夢に向かって一歩を踏み出せた充実感にあふれています。本当にありがとうございました。

最高の結果を得るために 「あきらめない心」。京都府立医科大学 2010年度現役合格

K・K さん 出身校:高校

僕は中学時代から野球部に入っていて、高校になっても最後までクラブを続けると決めていました。その一方で国公立大学の医学部に現役で受かりたいとも思っていました。Topsには中学の頃から通っていて、僕の希望は先生方に早くから伝えていました。
ですので、野球の練習で集団授業に出れない分は1対1の個人授業で別の時間に指導してもらったり、時期によって受講する科目を変えたり、自分のスケジュールや実力に応じて最適な時間割を組んでもらいました。
クラブと勉強の両立は思っていた以上に大変で、何度も医学部志望を変えようと思いましたが、そのたびにTopsの先生から励まされ、最終的には京都府立医科大学に現役で受かるという、最高の結果を得ることができました。

中学からコツコツと勉強。部活と両立して京府医へ。京都府立医科大学 2009年度現役合格

Y・H さん 出身校:洛星中学・高校

僕は、自分だけでは勉強できないという自覚があったので、早めに対策をしようと思って、中2から塾に通うことにしました。オーケストラ部に属し、まとまった時間が取りにくかった僕がTop’sを選んだ理由は、
【1】自宅、高校から近く、移動に無駄な時間を取られないこと
【2】クラブで授業を休んだときにも、すぐにフォローの授業を入れてもらえること
【3】モチベーションが上がらない時には叱咤激励してくれて、継続して勉強できる雰囲気であったこと
【4】国公立医学部受験にとって対策が欠かせない国語・地歴公民・理科3科目目などを、個別で集中的に効率よく勉強できるシステムがあったこと、などです。
本気で勉強を始めたのは、医学部に行くと決意した高3の春からでした。それまで目標がなく、マイペースだった僕には180度ともいえる大転換でしたが、それまでに各教科の勉強を進めていたので、すぐに受験モードへ切り替えることができ、合格できるかどうか不安だった京府医に現役合格することができました。

常にラストスパートのつもりで頑張って京都医へ。京都府立医科大学 2009年度現役合格

H・K さん 出身校:洛星中学・高校

ぼくが中学入試の勉強を始めたのは遅くて、小5からでした。例に漏れず、ひたすら詰めこみとパターン練習を繰り返して、あまり自分で思考することをしなかったのですが、それでも洛星中学には合格することができました。しかし、自分で考える癖をつけなかった結果、洛星の早い授業には最初からついていけず、成績もずるずると下降し、何とか定期テスト前の暗記だけで乗り越える期間が続きました。
それではいけないと、僕ははじめ予備校に通っていましたが、予備校では分からないところもそのままで、質問をする雰囲気も無いので、成績は伸びませんでした。一念発起して、「しっかりわかるまで見てくれる」と評判のTop’sに行ってみることにしました。Top’sでは、フォローはもちろん、勉強の仕方や各科目のバランスまで、本当に細やかで的確なアドバイスを受け、頑張ることができました。高3の夏は一時、疲労で目が見えなくなることもありましたが、大きく成績を伸ばすことができました。講師の先生方の「何が何でも受からせてやる」という熱い気持ちが後押しとなり、僕自身も最後までやり切れたのだと思います。

歯学部志望から、関西医大に合格。関西医科大学 2009年度合格

A・H さん

わたしは、中学受験をして、小6の時はほぼ毎日塾に通っていましたが、それほど勉強したという意識はなく、塾の先生や親に言われるまま、受験をし、私立の女子中学に入学しました。はじめは勉強も頑張っていましたが、部活動のオーケストラや、学校生活が楽しくなり、高校受験も無いので、勉強しなくなりました。
高1の冬から通った塾は、雰囲気はよかったのですが、私のペースに合わせて進んでくれたので、逆に結果は出ませんでした。高3の秋にTopsに来ると、まず授業の密度が濃いことに驚きました。どの教科も必要な知識を、具体的に分かりやすく教えてもらい、どんどん力が付き、そのおかげで、現役の時は無理と言われていた歯学部に合格出来ました。しかし、その時、Topsならあと1年頑張ればもっと上まで行けるという手応えを強く感じたので、さらに難関の医学部を目指したいと思いました。そして辛い時もありましたが、Topsの先生方がみんなで励ましてくださり、また、自分にあわせて作ってもらった特別カリキュラムに従って1年間頑張り通せたので、高3の秋には考えることすら出来なかった医学部、それも私立医学部最難関の関西医大にまで合格できたことには、誰よりも自分がびっくりで、本当にうれしく思います。

高2から通塾で最難関私立医大に現役合格。大阪医科大学 現役合格

C・O さん

わたしは、小学校の時は本当によく勉強したと思います。それで、中学も、女子が受けられるところで とにかく上を目指すということで、関西で最難関の私立の女子中学校に合格しました。
中1・2の頃は特進クラスの中で真ん中より上だった成績が、中3では友達と遊ぶのが楽しくてあまり勉強しなくなり、最下位になりました。高校では、特進クラス(英数)に入れずに、下のクラスでも真ん中くらいの成績で、医学部なんてまったく考えられない成績でした。
Topsには、高2の7月に入園しました。予備校や他の専門塾など色々体験しましたが、Topsで、驚いたのは、どの授業でも毎回小テストがあって自分の努力がストレートにはね返り、Topsはとにかく先生と生徒の距離が近くて、どんどん理解が進むので、確実に実力がついてきました。どうしても苦手な分野は完全1対1個人授業PEで補うことができたので、数学・化学は偏差値が20、物理は40も上がり、受験した難関私大医学部にすべて合格することができました。

お問い合わせカウンセリングお申し込み TEL.075-803-1811(円町本校)
このページの先頭へ