講師紹介

伊藤 章

教務部 部長 出身校:京都大学 経済学部
担当科目:国語・中学文系

大切にしていること・大切にしてほしいこと

受験勉強は自分との戦いです。自分との戦いには、果てがありません。どれだけ多くの問題を解き、何度も何度も復習を繰り返しても、不安は尽きないものです。しかしながら、受験生の将来は、その不安の先にしかありません。その不安から目を背けていては、本当の意味での成長は無いと思います。受験生のみなさんには、現状のできていない自分をしっかりとその目で見据え、その手で受けとめて、そのうえで、自らの足で一歩ずつ歩みを進めてもらいたいと願っています。


感動エピソード・メッセージ

「生徒のスイッチが入る瞬間」を目にするとき、いつも講師冥利に尽きる思いがします。中学入学と同時に大学入試を見据えたスイッチを入れる生徒さんもいれば、受験3ヶ月前にようやくスイッチが入る生徒さんもいます。親御さんとの面談の最中にスイッチが入ることもあれば、模試で思うような結果が出ず、涙するときにスイッチが入ることもあります。その瞬間を契機に、それまでの生活を変え、目の色や顔つきを変えて、懸命に勉強に集中する瞬間に立ち会えたとき、「この仕事をやっていてよかった」と思います。同時に、それまで以上に気持ちを引き締め、しっかりと生徒さんを導いていかねばならないと、我々も決意を新たにする瞬間となります。


Profile

名古屋の名門私立東海高校を主席で卒業後、京都大学へ。大学卒業後は金融機関で経理・人事採用を経験した後、日本の教育を変えるべく、Topsに入社するという異色の経歴を持つ。小手先のテクニックではなく、教養を深め、本物の国語力を身につけさせることを何よりも大切にしている。一児の父。


ページトップへ戻る