講師紹介

国語・日本史

石田 景悟

出身校:京都大学 文学部

考える手助けもできれば

メッセージ

嘘をつかないことです。例えば面接試験で、自分の思ってもいないようなことを語っても語るに落ちるのみで、破綻しますし、面接官の胸にも届きません。日頃から自分が何になりたいか、どうしたいか、医師になりたいならそれはどうしてかということを自分に問いかけ、内省する必要があるでしょう。授業ではそのように考える手助けもできれば良いなと考えております。そしてそうすることこそが面接・小論文で高得点を取る秘訣なのだと信じています。

感動エピソード

私が受験生時代のころを回想すると、いつも隣にはどうにも勝てないのではないかと思わせるような、能力が高く、かつ頑張り屋な同級生たちがいました。彼らと、そして私に共通していたのは一種「健康」なプライドであったと思います。この教科では負けたくない、せめてバカにされないようにしたいというような可愛げのあるプライドでもってお互いを引っ張っていったような受験生時代でした。私を含め、その多くの同級生たちは受験を成功の裡に終わらせました。思うに受験生は健康なプライドを持たねばならぬのでしょう。そうして少し背伸びして競り合って初めて、より高い世界を覗けるのだと思います。

プロフィール

大阪府河内長野市出身。洛星中高卒業後、京都大学文学部へ。国語学国文学を専修し、学部卒業後京都医塾へ入社。卒業論文は『梶井基次郎におけるシンボリック・リアリズム』。国語・小論と同時に社会(日本史・倫理)を担当しており、「読解」「記述」に不可欠な「知識」を幅広く提供する。趣味は音楽・ボードゲーム・クライミング。

「現役合格専門塾」の授業を
体験してみませんか?

TOPS京都では大きく分けて二つの受講形態を選べます。
レベル別の少人数クラス授業と、完全1対1の個別指導、どちらも体験授業を受けていただくことが可能です。どちらの形態でも、講師は生徒一人一人の表情を見ながら理解度を気にかけ、随時フォローを行うので安心して体験にきてください。勉強方法に関する個別相談や資料請求も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。