講師紹介

国語・世界史

中畠 俊彦

出身校:京都大学 総合人間学部 / 同大学院

現代文・世界史は社会人としての基礎力を鍛える

メッセージ

よく、「受験勉強は社会の役に立たない」という言葉を聞きますが、現代文・世界史は社会人としての基礎力を鍛える科目です。情報化が進む社会では文章力・発信力が強く求められますが、現代文はそれを鍛えてくれます。「衰退大国」日本で生き残るには、外国を相手にすることが必要ですが、世界史で学ぶ多様な知識は、大きな知的財産を与えてくれます。勉強したことを、活かせるかは君たち次第です。

感動エピソード

ありがたくも辛い言葉があります。どの先生でもそうだと思いますが、「結果は残念でしたが、感謝しています」という言葉です。受験というのは、一生懸命に指導し、万全を尽くしても、結果が出ないことがあります。その時に、しばしばいただく言葉です。この言葉を聞くたびに、忸怩たる思いを抱くとともに、来年こそは全員合格してもらい、「合格しました。ありがとうございます」と言ってもらえるように頑張ろう、と気持ちを引き締めています。絶対に合格しましょう。

プロフィール

子供の頃から、さまざまなことに縦横無尽の関心を示し、大学は「いろいろなことを学びたいから」と選んだ総合人間学部。大学では東洋史を学ぶも、TOPSでは、超重要教科なのに軽視されがちなことを憂え、国語を指導。洛星高校OBとして、TOPSと並んで、母校の合格実績アップを願っている。趣味は、読書とバイク。年数回、行き先を決めずにふらっと出かけるツーリングが楽しみ。

「現役合格専門塾」の授業を
体験してみませんか?

TOPS京都では大きく分けて二つの受講形態を選べます。
レベル別の少人数クラス授業と、完全1対1の個別指導、どちらも体験授業を受けていただくことが可能です。どちらの形態でも、講師は生徒一人一人の表情を見ながら理解度を気にかけ、随時フォローを行うので安心して体験にきてください。勉強方法に関する個別相談や資料請求も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。