現役合格7つの強み

「新中1生準備講座」非表示中 新中1生準備講座

Contents

合格者実績

合格者の声

体験授業・説明会申込み

お問い合わせ

医学部現役合格を目指すなら TOPS医専

TOPS京都

四条烏丸本校

〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下る
山伏山町539番地

TEL 075-221-1711
FAX 075-221-1715

円町校

〒604-8464
京都市中京区西ノ京南円町1

TEL 075-803-1811
FAX 075-803-1880

TOPS 小学生そろばん教室

TOPS 小学生英語教室

TOPS京都の強み6絶対結果が出る!学力定着システム

学習内容の定着のためのサイクル

独自の小テストシステム

成績向上の柱「復習」を徹底的に習慣づける効率的な小テストシステム

TOPSの小テストシステムは、授業時間の最初の10分前後の時間を用いて、前回までの授業の復習確認(ときには予習確認)を行うものです。

講師はこの小テストを軸に生徒の学習の定着状況や、モチベーションの変化を毎回チェックし、生徒一人ひとりに個別の指示を出すことができます。

定着不足の生徒には再テストや課題の指示を行い、確実に身に付くまでフォローします。

Point1予習・復習の質をアップさせるテスト内容

前回授業や、指定した復習範囲を復習していれば必ず合格できるテスト内容を講師が毎回作成して出題していますので、生徒は「復習さえすれば合格する」とはっきり理解してくれます。
講師はこれまでの全生徒のノートを把握していますので、適切な復習指示が可能です。

また、小テスト内容には前回の授業のみならず、これから新しく学習する分野に関わる復習事項も出題します。
これにより生徒に一方的に任せる予習ではなく、効率的かつ効果的な予習が可能となります。

Point2復習の習慣づけができる

小テスト範囲は前回以前の授業内容に即するように作成しており、30分程度で復習できるよう指定するため、「復習したか、しなかったか」のみで点数が決まるようになっています。
これは毎回講師が作成するから可能なもので、一般的なマニュアル化されすぎた画一的なテストでは「今の成績」で点数が決まってしまうのです。

TOPSの小テストは復習すれば満点が取れ、その度褒めてもらえるため、生徒のやる気が自然と引き出されていきます。
この環境により、受験で成績を上げるために最も必要な「復習」の習慣を自然とつけることができるようになります。
実際TOPSの生徒のほとんどは小テストに合格しています。

Point3勉強への自主性が生まれ、維持できる

満点を狙う小テストが実施され、「復習したか、しなかったか」で点数が決まるということは、点数には生徒の勉強への自主性が顕著に表れるということでもあります。
これを毎回の授業で各講師が把握していくため、モチベーションを維持するための適切な指導や相談が可能となります。

自主性を持つと成績アップの速度は何倍にもなり、学校・塾・家庭での勉強の世界が一変します。

Point4理解不足のまま進むことを防ぐ

小テストの点数が合格点に満たなかった場合行われる再テストは、授業外の時間に講師が時間を取り、しっかり向き合って行われます。

その場で授業内容で分からなくなってしまったことへの質問はもちろん、勉強の仕方や生活習慣をどう変えればよいのか、どうすれば勉強へのモチベーションが回復するのかまで相談に応じています。
このTOPS独特の風土によって、生徒は分からないまま放置することや、ダラダラと「ただ塾に通う」ということがなくなります。

「勉強の方法」と「勉強の意味」を同時に身に付け、楽しく・真剣に・確実に将来に向かってもらうことがTOPS講師の願いです。


  

ページトップへ戻る